行動力の極意 すぐやる人は全勝を目指さない

戦闘力を身に付ける

行動力の極意

すぐやる人は全勝を目指さない

 

”失敗は成功のもと”ということわざがあります。

成功を手にしている過去の偉人たちは、

失敗をネガティブなものと考えていません。

むしろポジティブにとらえています。

 

”世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめたときが失敗である。”

稲盛和夫 京セラ(現KDDI)の創設者

 

失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れよ”

本田宗一郎 HONDAの創設者

 

失敗の原因を素直に認識し、「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います。”

松下幸之助 松下電気器(現パナソニック)創設者

 

結果を気にしない

行動力のある”すぐやる人”は、

いい意味で結果を諦めています

 

また100点を目指していますせん。

結果が何点であれ、

結果に対してそこから改善しているのです。

 

 

行動していなければ、

どこが良かったか、どこが悪かったかも知る事すらできません。

 

これは行動した人にしか知る事の出来ない大きな財産なのです。

 

100点を目指して行動が鈍るくらいなら、

最初から100点を求めないで、

行動したほうが得るものが大きいのです。

 

行動する人と行動しない人では、

この時点でこれだけの差が出てしまうのです。

 

目の前をことをに集中する

日本人は失敗に対する恐怖心から、

決め事などを「先延ばしする」傾向があります。

成功するかしないかは、

相手が決めるものであって自分では決められません。

相手に認めてもらい、

商品を買ってもらってやっと成功なのです。

ということは自分で出来ることは、

今出来ることを一生懸命やるしかないのです。

成功を手にする”すぐやる人”は、

結果を気にして行動をしないことが一番まずいと知っているのです。

簡単に言えば

”失敗を心配している暇はない”

ということです。

 

 

まとめ

 

 

”すぐやる人”は失敗を恐れていません。

失敗したから学ぶべきことを知る事が出来ると考えています。

 

逆に”すぐやれない人”は失敗をマイナスと考えて、

物事を「先延ばし」にしてしまいます。

 

行動した人のみ成功を掴むことが出来ます。

 

未来を打開する方法はただ一つ、

「今」を行動するしかないのです。

 

 

以上

 

まとめ記事はコチラ

行動力のある”すぐやる人”には共通した特徴があります。すぐやる人はすぐに行動する仕組みを自分の中で習慣にしています。その特徴を学び、自分に生かして行動力を身につけましょう。

 

この記事は
出典:「すぐやる人」x「やれない人」の習慣
著者:藤由達藏

出典:結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる
著者:塚本 亮

出典:”すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法
著者:菅原洋平

 

を参考させて頂きました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦闘力を身に付ける
スポンサーリンク
のりすけのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました