行動力のあるすぐやる人は初対面の挨拶を必ず自分からアクションを起こしている

戦闘力を身に付ける

行動力の極意
すぐやる人は初対面の挨拶を必ず自分から
アクションを起こしている

 

 

 

成功をしている人は初対面の人と会うとき、
必ず自分から挨拶をします。

自分からアクションを起こす人と、
相手からのアクションを待つ人とでは ”大きな差” が出ます。
すぐやる人は最初にアクションを起こした方が得なことを知っているのです。

 

なぜならば初対面の場合、
相手の印象を決めるのは3秒~15秒です。

このわずかな時間が非常に重要になります。

最初の挨拶を交わす時間で第一印象が決りまります。
先に動けば相手に良い印象を与えます。
良い印象を持ってもらえたら、
自分のペースで関係構築を進めやすくなります

 

ここで相手のアクションを待っている人の場合はどうでしょう。

相手にとって良い印象を与えることができるでしょうか。

相手からすると「この人は自分に興味が無いな」と、
ネガティブな印象を持たれるかもしれません。

まごまごしていたらチャンスを逃します。
こうなってしまったら ”負け濃厚” になってしまいます。

この状態を挽回だっかいするには大きなエネルギーが必要です。
どうしても第一印象は残りやすいですからね。

 

なかには性格上で先にアクションを起こすことが苦手な人もいるでしょう。
しかし苦手と言っていたら始まりません。

行動力のある人に良いポジションを取られるだけです。
苦手かもしれませんが、
常に最初に先にアクションをすることを意識して、
行動していればすぐに慣れます
性格上で苦手なのでなく、
訓練不足なだけです。
やればメチャクチャ簡単のことです。

”ただ最初に挨拶するだけですから”

 

このように最初に動いて挨拶をすることは、
ある意味での”潤滑油じゅんかつゆ” みたいなものです。

この先、人間関係を構築する上で必ず役に立ちます。

相手よりも最初にアクションをすることを意識的に習慣づけてみては如何でしょうか。

 

なにをするにも結局は ”人と人” です。

人間関係を上手く構築できる人が、
結局は成功をつかんでいるのです

 

 

 

 

まとめ記事はコチラ

行動力のある”すぐやる人”には共通した特徴があります。すぐやる人はすぐに行動する仕組みを自分の中で習慣にしています。その特徴を学び、自分に生かして行動力を身につけましょう。

 

この記事は
出典:「すぐやる人」x「やれない人」の習慣
著者:藤由達藏

出典:結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる
著者:塚本 亮

出典:”すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法
著者:菅原洋平

 

を参考させて頂きました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
戦闘力を身に付ける
スポンサーリンク
のりすけのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました